シャンプーのこだわり

テレビや雑誌の広告では、
つぎつぎ新製品が紹介され、

綺麗な女優さんが美しい髪を
なびかせていますよね。

一方で

雑誌の特集記事などでは、

  • シリコン
  • パラペン
  • ラウレス
  • サルフェート

などのが「有害である」
と書き立てられ、

  • ノンシリコン
  • ノンパラペン
  • ノンラウレス
  • ノンサルフェート

といった商品が「オススメ」
として紹介されています。

また、

なんとなくナチュラルっぽい
「耳ざわりの良い」

  • アミノ酸系
  • ペタイン系
  • タウリン系
  • 石けん系
  • 高級アルコール系

といったものも、
サロンの店販で
グイグイ推されてたりします。

私は、仕事柄いろいろな
シャンプーを使ってきましたが、

正直、謳い文句ほど効果のある
シャンプーって見たこと
無かったんです。

ですが、SKーⅡピテラと同じ様に

酵母でお米を発酵させて作った

  • 米酢ゆらいのシャンプー
  • 米発酵エキスのトリートメント

に出会って世界観が変わりました。

ちょうど自分の髪がエイジングで
痩せてきて不安だったのを、

地肌のコンディションごと改善して
安心させてくれたんです。

それで、「シャンプーって大事やな」
と思い、プロとしてキチンと勉強せな
アカンと考えて、

このシャンプーを開発した
亀田宗一先生のもとで
勉強してきました。

界面活性剤の研究中に肌が荒れてしまった。

亀田先生は近畿大学の
応用化学科を卒業後、

界面活性剤のメーカーに
研究者として就職されました。

そこで毎日いろいろな
界面活性剤に触れているうちに、

  • 髪が抜ける
  • 肌が荒れる
  • 肌がかぶれる

などのトラブルにみまわれました。


それで市販のシャンプーに
使用されている

  • アミノ酸系
  • 硫酸系

の界面活性剤のリスクを
詳細に研究し、

「界面活性剤の中では、

もっとも髪に優しく
肌への刺激がすくない
とされれいるアミノ酸系が、

実は硫酸系よりも刺激が強い」

ことを発見。

この研究の成果は2016年
アメリカ油学会の学会誌
Journal of Surfactants
and Detergentsに掲載され
ました。

バーデンズさんに対する批判について

インターネットで調べてウチに
来ていただいたお客様から、

「バーデンズさんのシャンプー
あまりよくないって書いてる
ホームページがあって、

半信半疑やったんですが、
いただいたヤツよかったです。」

とうかがってネットで調べてみました。

そしたら、

なかなか辛辣な意見が書かれて
いましたが、

的を外していたので放っておきます。

間違った知識に基づく頭皮ケア

アルコール系のシャンプーは
ママレモンと同じ
で刺激が強い」

アミノ酸は髪と同じ成分だから
髪と地肌に優しい」

「ノンシリコンは髪や頭皮に
負担をかけない」

「植物由来・オーガニック・天然
が安心

わたしがお客さんと雑談してる
ときによく聞くフレーズです。

これらのフレーズは
ネットや雑誌で目にするし、

美容師さんがお店で売ってる
シャンプーをすすめるときに
使うセールス・トークでも
使われています。

正直、私も信じてました。

ですが、だいたい間違いです。

化粧品メーカーで界面活性剤の研究をしていた先生から学んだ「正しい知識」

私は、某化粧品メーカーで
シャンプーの開発をした方から
ヘアケアについて学びました。

その先生は「正しいヘアケア」を
角質層のバリア機能
を保護できるかどうかで判断します。

角質のバリア機能って
わたしたちが使う言葉でいうと
「保湿」になります。

例えば醤油皿みたいな薄いお皿に
3ミリほど水を入れて
放っておくと蒸発しますよね?

ですが水の上に天ぷら油を数滴
たらして「膜」をはると
水はいつまでも残ります。

角質層にある細胞間脂質は
この天ぷら油の役目をします。

間違ったヘアケアは、
この細胞間脂質を破壊して
水分を逃してしまいます。

角質層を破壊するのは「界面活性剤」

この角質層にダメージを
与えてしまう成分が、
シャンプーに含まれる
界面活性剤
です。

アミノ酸系みたいな表現
をされるのもコレです。

で、

実はアミノ酸系の
界面活性剤って硫酸系より
角質層へのダメージが大きい

んです。

シミやアレルギーは角質層の破壊から

角質層が破壊されてしまうと

  • シミを発生させるインターロイキン1類
  • アレルギーを引き起こすインターロイキン4類

などのサイトカインという
情報伝達物質が発生します。

また角質層からセラミドが消えて
バリア機能が損なわれてしまうと、

  • 肌の水分が蒸発
  • 微生物やアレルゲンが肌に侵入

するという事態が発生します。

だから「正しいヘアケア」を知って
肌のバリア機能=角質層の保護を
行うことが大事になります。

米を発酵させてつくった界面活性剤

美容師の仕事をしていると
いろいろなメーカーさんから
試供品をいただきます。

かれこれ20年以上になるので、
相当な種類のシャンプーを使いました。

で、今わたしが惚れ込んでいる
SK-2 とおなじように
お米を発酵させて作った
バーデンズ社のシャンプー

「ほんま肌に優しい」です。

人パッチテストによる
48時間の皮膚刺激性試験で

一般に安全とされているものの
半分以下のダメージに抑えらて
いることが証明されています。

うちのお店は全部コレなんで
ぜひ、このシャンプーの安心感を
味わいに来てください!

call now